HOME > 家づくり > タイプ別 > 高床基礎タイプの家




高床基礎タイプ

かつて雪国を席巻していた高い基礎の家。

最近では税金や費用の理由で高床基礎にする物件がかなり少なくなってきました。消雪井戸や融雪システムなどの普及により高床基礎でなくても十分積雪に対応できるようになってきたことが考えられます。高床基礎のする場合、昔と異なり床面にもコンクリートを敷設しなければならないというルールができて、その費用が予算を圧迫していることも高床基礎を断念する理由の一つでもあります。 
 






注意)イシダホームのサイト上に掲載してある金額は2017年11月1日現在のものです。価格および内容は予告なく変更する事がありますので予めご了承下さい。お問い合わせ頂ければお見積をお届けします。